猫のノミダニ予防時期はいつから対策が必要?

野外から室内へと、ノミは知らない間に入りこんできます。

「我が家の愛猫は、室内のみで飼っているから!」と言って、安心出来ないのがノミの存在なのです。

愛猫は室内のみで飼われていても、飼い主さんはお出かけされますよね?

お出かけされた飼い主さんにくっついて、ノミは外から室内に忍びよってくるのです。

室内で飼っている猫にも、ノミダニ予防は必要?

ノミが繁殖する気温は、13℃以上と言われています。

よって室内に入りこんだノミには、居心地の良い空間となります。

暖房によってノミにとって繁殖や寄生を繰り返しやすい環境になりますので、室内のみで飼われている猫ちゃんにもノミダニ予防は大切になります。

ノミは非常に生命力が強い為に、長い期間潜伏する煩わしい存在です。
特にノミが好む環境は、湿気の多い場所です。
湿気が多い季節といえば、梅雨ですよね?

梅雨は飼い主さんによって室内に入りこんだノミが、最も繁殖しやすい季節となります。

寝ていた愛猫が突然起きて、後ろ足でカカカッと蹴るように身体をかいたり、毛繕いをしている時に舐めないで噛むようにしていたらノミがいる可能性が高いと思って下さい。

ノミダニ予防をしていない場合は、室内のみで飼われている場合でもすぐに予防を開始することをオススメします。

猫のノミダニ予防時期はいつごろなの?

室内で飼われている場合、猫ちゃんの為のノミダニ予防時期は一年中です。
高温多湿を好むノミにとって日本の室内は、最高の環境です。
特に梅雨は、急激にノミが増える季節です。

気温も湿度も上がる夏は、ノミの繁殖力が猛威をふるう季節です。
冬も室内であれば、暖房のおかげでノミは死滅しません。

気温が3℃以下では、ノミの卵や幼虫は死んでしまいます。

しかし、さなぎや成虫であれば、猫ちゃんの暖かな被毛の中で過ごせば野外でも生き残ってしまうのです。

猫のノミダニ予防は通年がベスト

ノミダニが猫ちゃんに寄生すると、痒みが襲います。
人間でも痒さを我慢出来ないと掻き毟ったりしますが、猫ちゃんも同じです。

痒いと後ろ足でかいたり、噛んで痒みをなんとかしようと行動します。

爪で掻きむしりすぎて、傷になる場合もあります。

傷から感染して他の病気になるケースもありますので、ノミダニ予防は必ず行いましょう。

日本で飼われる場合、季節を問わずノミダニ予防は必要になります。
子猫の場合、痒みのせいで睡眠不足になる事もあります。

猫ちゃんのノミダニ予防時期は、いつからでもスタートOKです。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Average rating:  
 1 reviews
by ふーみん on ブロードライン

猫の予防は春夏だけで良いと思っていましたが、通年必要なことがわかりました。冬場も暖かい場所が好きなうちの猫は特に注意しなくてはならないと感じます。。

【期間限定】ネスレの「ピュリナ」1袋が無料!

愛猫家の間で人気急上昇中のプレミアムキャットフードです。キャットフード「ピュリナシリーズ」は、モンプチやコーヒーで有名な「ネスレ」が発売をしている健康と味や食感に特化したフードです。今だけ限定で、製品版2.2kgを1袋まるまる完全無料で貰えるキャンペーンを行っています!

猫の保険 未加入の飼い主様は必読!

近年では猫の寿命は非常に伸びており、平均的に16年前後と言われています。それと同時に寿命が延びることで、病気やケガを起こす確率も高まってきています。

一般的な保険では年齢が上がるにつれて加入料が高くなりますが、12歳以降は料金が上がらない保険をご存知でしょうか?

下記のPS保険は12歳~料金が上がらない業界最安な上、保証が手厚く加入者が急増しています。飼い主として、愛猫を最大限しっかり守る為にも猫保険への加入を是非、ご検討くださいませ。

ブロードラインの最安値情報

ブロードラインは通販の場合、費用を抑えられるため非常に人気が高まっています。

《価格比較表》 最安ご案内価格
3本 3267円~
6本 6027円~
12本 11038円~ 最安

レボリューションの最安値情報

《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1本当たり 1500円~ 850円~
2ケース:6本 9000円~ 5200円~
3ケース:9本 13500円~ 7600円~
↓↓↓ 猫用のレボリューション