猫が食べてはいけないもの・危険な食事を解説!

猫ちゃんは、犬ちゃんと違って高い所に自由に登れます。
飼い主さんが食事をしている時テーブルの下でおこぼれを狙う犬ちゃんと違い、猫ちゃんはテーブルの上に乗って食べたいアピールをする子が多いように思います。

愛犬がテーブルの下で「下さい」アピールをしていると、愛猫の方はテーブルの上に乗って前足で上手に欲しいものをチョンチョンと動かし口にくわえそうになるので、いつも目が離せません。

すべて食べてもOKな食材でしたらあまり気にはしないのですが、猫にとってNGな食材がテーブルに置いてある時はハラハラします。

猫が食べてはいけない食事ってあるの?

<ネギ類>
猫ちゃんを飼ってみえる飼い主さんに、特に注意して頂きたいNGな食材は「ネギ」です。

「ネギ」だけでなく、「ネギ類」すべてがNGとなります。

「タマネギ」「長ネギ」「ニラ」「ワケギ」「ラッキョウ」「アサツキ」「ニンニク」など、すべて毒となりますのでNGです。

「ネギ中毒」といって、溶血性貧血をひきおこしますので十分に注意しましょう。

鶏肉のミンチと「タマネギ」でハンバーグを作った時や、「ニラ」や「タマネギ」が入ったチヂミを作った時、唐揚げに「タマネギ」ソースをかけたものを作った時などに、我が家の愛猫は隙を狙って食べようとしますので、食事をする時間だけは他の部屋に隔離しています。

火が通っていても「ネギ類」は危険ですので、与えてはいけません。

<チョコレート・ココア>
チョコレートやココアに含まれる「カカオマス」には、「テオブロミン」という物質が含まれています。

この「テオブロミン」という物質は、心臓や中枢神経系を刺激し、下痢や吐き気、血液上昇、不整脈、興奮、痙攣などの症状を引き起こします。
重症な場合、命を落とす危険もありますので注意が必要です。

猫ちゃんの場合チョコレートやココアに、ミルクが加わると欲しがります。
チョコレートをホットミルクに溶かした物や、ココアをミルクで甘くすると、なんとか飲もうとカップに顔を突っ込もうとしますよね?
可愛い仕草ではありますが、危険ですので注意しましょう。

<香辛料・塩>
他にも香辛料や塩分の強い料理を盗み食いしようとしたら、要注意です。

刺激の強い「わさび」「からし」「こしょう」「唐辛子」などは、胃腸炎や内臓障害の原因にもなりえます。
塩分の過剰摂取も、心臓や腎臓に負担がかかりますので注意しましょう。

<ドックフード>
犬ちゃんと猫ちゃんを一緒に飼ってみえるご家庭では、猫ちゃんがドックフードを食べ過ぎないように注意しましょう。

多少でしたら大丈夫ですが、ドックフードには猫ちゃんにとって必要な「タウリン」の配合が少ないので「タウリン」不足になってしまいます。

タウリン不足が続くと、進行性網膜萎縮をおこしてしまい、最悪の場合は失明となります。
一度網膜に障害が生じると、手遅れとなります。

キャットフードに比べてドックフードの方がニオイも弱いですし、味も薄いと言われているので、まさか食べないだろうと思われがちですが、隣の芝生は青いのでしょうか?

ドックフードを盗み食いしてしまう猫ちゃんは案外見えるようですので、注意してください。

【期間限定】ネスレの「ピュリナ」1袋が無料!

愛猫家の間で人気急上昇中のプレミアムキャットフードです。キャットフード「ピュリナシリーズ」は、モンプチやコーヒーで有名な「ネスレ」が発売をしている健康と味や食感に特化したフードです。今だけ限定で、製品版2.2kgを1袋まるまる完全無料で貰えるキャンペーンを行っています!

猫の保険 未加入の飼い主様は必読!

近年では猫の寿命は非常に伸びており、平均的に16年前後と言われています。それと同時に寿命が延びることで、病気やケガを起こす確率も高まってきています。

一般的な保険では年齢が上がるにつれて加入料が高くなりますが、12歳以降は料金が上がらない保険をご存知でしょうか?

下記のPS保険は12歳~料金が上がらない業界最安な上、保証が手厚く加入者が急増しています。飼い主として、愛猫を最大限しっかり守る為にも猫保険への加入を是非、ご検討くださいませ。

ブロードラインの最安値情報

ブロードラインは通販の場合、費用を抑えられるため非常に人気が高まっています。

《価格比較表》 最安ご案内価格
3本 3267円~
6本 6027円~
12本 11038円~ 最安

レボリューションの最安値情報

《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1本当たり 1500円~ 850円~
2ケース:6本 9000円~ 5200円~
3ケース:9本 13500円~ 7600円~
↓↓↓ 猫用のレボリューション