ドロンタール錠 猫の副作用 – 下痢や嘔吐の理由を解説!

ドロンタール錠猫用は、猫ちゃんに寄生する猫回虫・猫鉤虫・瓜実条虫・猫条虫の駆除が出来るお薬です。

ドロンタール錠猫用は、副作用で下痢になる?

ドロンタール錠猫用は基本的に、副作用が発症するケースは少なく安心して投薬出来るお薬です。

しかしどんなお薬も100%発症しないとは言い切れませんので、ドロンタール錠猫用を投与した場合、副作用を引き起こしてしまう猫ちゃんも見えます。

成長途中で体力や抵抗力がまだ弱い子猫ちゃんの場合、下痢・軟便・便秘が副作用の症状としてまず出てくることがあります。

下痢・軟便・便秘となり、徐々に体調を崩し胃腸障害が現れます。

そして消化不良による嘔吐や食欲低下などが、症状として現れます。

ドロンタール錠猫用を子猫ちゃんに投薬し、下痢の症状が出た場合は動物病院で検査してもらいましょう。

ご自宅で様子を見ている間に、症状が進行しては遅いからです。

副作用が出た理由で、投薬量が多すぎるという飼い主さんの計算ミスが問題の場合があります。

ドロンタール錠猫用は、体重による投薬量の目安よりも少な目でも効果が十分なケースもあります。

ドロンタール錠の有効成分と体重制限

内部寄生虫駆除のお薬であるドロンタール錠猫用には、有効成分が2つ配合されています。

ドロンタール錠猫用1錠(339mg)に、プラジクアンテル(20mg)とパモ酸ピランテル(230mg)が含有しています。

ドロンタール錠猫用は、4週齢以上の子猫ちゃんから使用可能です。

正し体重制限があり、体重が500グラム以上であることが条件です。

病気の猫ちゃん、怪我をしている猫ちゃん、持病がある猫ちゃん、老猫ちゃんで体力に心配のあるような場合は、獣医師の指示に従ってください。

妊娠している猫ちゃんには、使用出来ません。

猫ちゃんの体重により、使用できる量が異なります。

ドロンタール錠猫用を投薬する場合は、必ず猫ちゃんの体重を測り用量を守りましょう。

ノミの駆除と同時に、一か月毎から三か月毎に使用することをオススメします。

ドロンタール錠猫用は基準を上回る高用量を投与した場合、副作用として嘔吐や流涎が現れる可能性が高いです。

その他の副作用として、下痢や食欲不振、頭痛などが報告されています。

ご自分でドロンタール錠猫用を、どのくらい投薬していいのか判断が難しい場合、初めて投薬する場合などは、動物病院で検査してもらい適量を獣医師に指示してもらうことをオススメします。

オススメフードのご紹介「ねこはぐ」

ねこはぐ③

愛猫家の間で人気急上昇中のプレミアムキャットフードです。原材料はすべて国産なうえ、人間が食べられる品質という徹底したこだわりがあるフードです。また、添加物は一切使用していないため、アレルギーの猫ちゃんでも安心して食べられる品質となっています。「ねこのきもち」をはじめ、多くの雑誌でも人気1位を獲得し、猫カフェなどのお店でも導入されている信頼できるフードです♪

猫の保険 未加入の飼い主様は必読!

近年では猫の寿命は非常に伸びており、平均的に16年前後と言われています。それと同時に寿命が延びることで、病気やケガを起こす確率も高まってきています。

一般的な保険では年齢が上がるにつれて加入料が高くなりますが、12歳以降は料金が上がらない保険をご存知でしょうか?

下記のPS保険は12歳~料金が上がらない業界最安な上、保証が手厚く加入者が急増しています。飼い主として、愛猫を最大限しっかり守る為にも猫保険への加入を是非、ご検討くださいませ。

ブロードラインの最安値情報

【期間限定】正規品&最安をお約束!500円OFFクーポン配布中!下記コードをコピーし、購入時に入力ください。
表示価格から、さらに500円引きにて購入頂けます!
クーポンコードRF5PR2G2 ※ご利用期間:2018/3/1(木) 〜 2018年8/30(木)
※商品購入前のサイト会員登録が必須となります
※販売価格が2,000円以上のノミ・ダニ・フィラリア対策商品のみ使用可能です。
※クーポンの使用は1回のご注文に限り有効。

ブロードラインは通販の場合、費用を抑えられるため非常に人気が高まっています。

《価格比較表》 最安ご案内価格
3本 3267円~
6本 6027円~
12本 11038円~ 最安

レボリューションの最安値情報

《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1本当たり 1500円~ 850円~
2ケース:6本 9000円~ 5200円~
3ケース:9本 13500円~ 7600円~
↓↓↓ 猫用のレボリューション