ブロードラインが犬へ使用できない理由 – 有効成分を徹底解説!

ブロードラインは猫用のお薬で、猫ちゃんの首の後に垂らして使用するスポットタイプのお薬です。

他のスポットタイプのお薬と違い、シリンジタイプの容器に入っています。

経口薬を苦手とする猫ちゃんにとっては、飼い主さんにとっても嬉しいお薬だと言われています。

ブロードラインは猫専用、犬へは使用できません

ブロードラインはオールインワンタイプのお薬で、4つの有効成分が配合されていて総合的に効果を発揮してくれます。

ノミ・マダニ駆除・寄生虫駆除・フィラリア予防が、ブロードライン1本で出来るのです。

ブロードラインの4つの有効成分のうち2つの有効成分(フィプロニルと(S)-メトプレン)は、昔からあるフロントラインプラスと同じ成分ですので、ノミ・マダニの駆除予防に有効で犬ちゃんにも使用出来ます。

ブロードラインの有効成分に理由があります

有効成分のフィプロニルがノミとマダニを駆除し、(S)-メトプレンがノミの卵のふ化阻害とノミの幼虫の変態を阻害してくれます。

1つ(プラジクアンテル)は条虫の駆除に効果のある成分で、このお薬も犬ちゃんにも使用出来ます。

残りの1つ(エプリノメクチン)のお薬がフィラリア予防に効果があるのですが、現段階では犬ちゃんへの安全性が確率されておりません。

その為現段階では、猫専用のブロードラインのみが発売されています。

犬用のブロードラインが発売されていないのは、この為です。

万が一、犬へ使用してしまった場合は

犬へ猫用のブロードラインを使用した場合、重大な副作用が発生するケースがあると言われていますので、犬ちゃんも猫ちゃんも同じ室内で飼ってみえる飼い主さんは十分に注意してご使用ください。

フロントラインスプレーの用に、犬猫兼用には使用出来ません。

危険を伴いますので、ブロードラインは猫ちゃんのみに使用しましょう。

愛猫にブロードラインを投薬した後、愛犬が舐めてしまった場合はすぐに獣医師に連絡して指示をもらってください。

舐めている所を見たわけでなくても、愛猫にブロードラインを投薬後に一緒にいた愛犬が嘔吐した場合も疑った方が良いでしょう。

獣医師に愛猫のブロードラインを舐めた可能性があることを報告して、検査をしてもらいましょう。

ブロードラインを投薬した後は、投薬した猫ちゃんを隔離されることが好ましいです。

猫ちゃんにとっては、とても便利なお薬です。

しかし使用方法や使用用量を間違うと、大変危険なお薬になってしまいます。

飼い主さんは、良く理解したうえで使用してください。

オススメフードのご紹介「ねこはぐ」

ねこはぐ③

愛猫家の間で人気急上昇中のプレミアムキャットフードです。原材料はすべて国産なうえ、人間が食べられる品質という徹底したこだわりがあるフードです。また、添加物は一切使用していないため、アレルギーの猫ちゃんでも安心して食べられる品質となっています。「ねこのきもち」をはじめ、多くの雑誌でも人気1位を獲得し、猫カフェなどのお店でも導入されている信頼できるフードです♪

猫の保険 未加入の飼い主様は必読!

近年では猫の寿命は非常に伸びており、平均的に16年前後と言われています。それと同時に寿命が延びることで、病気やケガを起こす確率も高まってきています。

一般的な保険では年齢が上がるにつれて加入料が高くなりますが、12歳以降は料金が上がらない保険をご存知でしょうか?

下記のPS保険は12歳~料金が上がらない業界最安な上、保証が手厚く加入者が急増しています。飼い主として、愛猫を最大限しっかり守る為にも猫保険への加入を是非、ご検討くださいませ。

ブロードラインの最安値情報

【期間限定】正規品&最安をお約束!500円OFFクーポン配布中!下記コードをコピーし、購入時に入力ください。
表示価格から、さらに500円引きにて購入頂けます!
クーポンコードRF5PR2G2 ※ご利用期間:2018/3/1(木) 〜 2018年8/30(木)
※商品購入前のサイト会員登録が必須となります
※販売価格が2,000円以上のノミ・ダニ・フィラリア対策商品のみ使用可能です。
※クーポンの使用は1回のご注文に限り有効。

ブロードラインは通販の場合、費用を抑えられるため非常に人気が高まっています。

《価格比較表》 最安ご案内価格
3本 3267円~
6本 6027円~
12本 11038円~ 最安

レボリューションの最安値情報

《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1本当たり 1500円~ 850円~
2ケース:6本 9000円~ 5200円~
3ケース:9本 13500円~ 7600円~
↓↓↓ 猫用のレボリューション