子猫を保護したら牛乳は温めて与えても大丈夫?

迷い猫や野良猫の子猫を見るに見兼ねて保護するという場合、痩せ細った姿に何か食べ物を与えてあげたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

子猫だと何が食べれるのか分からずに、とりあえず牛乳を温めて与えてみようと考える方も多いようです。

しかし、子猫を保護するにも正しい知識がないと逆に子猫の体調が悪化してしまうケースもあるんです。

そこで今回は子猫を保護する際に牛乳は与えてもいいのか、牛乳の代わりになる食品なども合わせてご紹介させて頂きたいと思います。

子猫に人間用の牛乳は温めればOK!?

痩せ細った子猫を見つけた時に、良心から何か与えてあげたいと思って牛乳を思い浮かべるという方はいませんか?

実は子猫に限らず、成猫であっても人間用の牛乳は与えない方がいいと言われているんです。

私がまだ知識のない子供時代に、祖母が子猫に牛乳を温めて与えていた記憶があります。

しかし、場合によっては子猫がもっと弱ってしまう事もあるんです。

なぜかと言うと、人間同様牛乳を飲むとお腹を下す体質の猫がいるからなんです。

特に子猫は下痢になると症状が成猫よりも悪化して、保護した時よりもグッタリしてしまう事も。

絶対に与えてはいけないという訳ではありません

これは牛乳に含まれている乳糖を分解するための「ラクターゼ」が少ない場合に起こるのですが、人間も猫もラクターゼが元々少ない個体がいるんです。

下痢をしてしまう可能性の他にも、牛乳に含まれる脂質を考えると与えすぎは肥満の原因になるとも言われています。

ナトリウムも心臓への負担が心配されているので、そういった事が理由で子猫に牛乳を与えない方がいいと言われるようになりました。

しかし、絶対に与えてはいけないという訳ではありません。

弱っている子猫に牛乳を与えるのは避けた方が良さそうですが、下痢にならない猫もいるので、与え方に注意すれば牛乳自体がNGという事ではないんです。

牛乳を与える際には与えすぎや脂質に注意し、量は少量にして低脂肪タイプの牛乳を選ぶといいでしょう。

冷たい牛乳は下痢になってしまう事もありますが、逆に温めたものも胃に負担がかかる恐れが考えられますので常温のものが好ましいです。

子猫でや下痢をしてしまう猫でも飲めるのは?

牛乳が冷たいからではなくても下痢をしてしまう可能性がある場合には、他に代わりになるようなものがあれば助かりますよね。
そこでおすすめなのが猫用のミルクやスキムミルク、カッテージチーズなど乳糖が入っていない食品です。

猫用のミルクは牛乳と違って脂肪分も少ないので特におすすめです。
子猫でもお腹を下す心配がなく安心して与えられますし、猫に必要な栄養素なども含まれています。

絶対に牛乳はNGという訳ではないのですが、もし子猫を保護した際には猫用のミルクや乳糖の入っていないものを与えるようにすればお腹を下す心配は回避できますよ!

ネスレの「ピュリナ」1袋500円!

愛猫家の間で人気急上昇中のプレミアムキャットフードです。キャットフード「ピュリナシリーズ」は、モンプチやコーヒーで有名な「ネスレ」が発売をしている健康と味や食感に特化したフードです。今だけ限定で、製品版2.2kgを1袋まるまる500円で購入できるキャンペーンを行っています!

猫の保険 未加入の飼い主様は必読!

近年では猫の寿命は非常に伸びており、平均的に16年前後と言われています。それと同時に寿命が延びることで、病気やケガを起こす確率も高まってきています。

一般的な保険では年齢が上がるにつれて加入料が高くなりますが、12歳以降は料金が上がらない保険をご存知でしょうか?

下記のPS保険は12歳~料金が上がらない業界最安な上、保証が手厚く加入者が急増しています。飼い主として、愛猫を最大限しっかり守る為にも猫保険への加入を是非、ご検討くださいませ。

ブロードラインの最安値情報

ブロードラインは通販の場合、費用を抑えられるため非常に人気が高まっています。

《価格比較表》 最安ご案内価格
3本 3267円~
6本 6027円~
12本 11038円~ 最安

レボリューションの最安値情報

《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1本当たり 1500円~ 850円~
2ケース:6本 9000円~ 5200円~
3ケース:9本 13500円~ 7600円~
↓↓↓ 猫用のレボリューション